外貨両替 Freign Currency Exchange

デビットカード Devitcard

ヨーロッパへの旅行でお得な両替は、デビットカードによるキャッシングです。最もお得なのは、ソニー銀行のANASONYBANKウオレット(VISA)で、日本円→ユーロの片道15銭で両替でき、発行銀行の手数料なしでショッピングやキャッシングできる。アメリカやグアム、ハワイの旅行ならJALNEOBANKで円→ドルが片道6銭で両替でき、発行銀行の手数料なしでショッピングやキャッシングできる。どちらもマイルもついてくるので、至れり尽くせりのキャッシュカードである。あちこち旅行へ行きたい人は両方つくっておく必要があります。ショッピングは問題ないが、キャッシングには、キャッシュディスペンサー(ATM)に独自の手数料がかかるので、ATMからキャッシュで引き出すときは、2~3のATMで手数料をチェックしてみよう。

クレジットカード Creditcard

海外旅行用クレジットカードを選ぶ際のポイントは、ついてくる海外旅行傷害保険の内容と年間手数料、マイレッジのアライアンスである。盗難や限度額の関係でANA・VISAカードとJAL・MASTERカード、ANAかJALのアメリカンエキスプレスカードのブルーカードの3枚ぐらい作っておけばいいと思います。アライアンスをANAのスターアライアンス、JALのワンワールドのどちらかに絞って集中的にマイルを貯めたい人は、2枚のマイルの貯まるカードを作っておけばいいと思う。クレジットカードでのショッピングは、1.6円ぐらいの両替手数料を発行カード会社が徴収するので、上記デビットカードの方がショッピングでもキャッシングでもお得です。→詳細

現金 Cash

ヨーロッパでは、キャッシュレス化がすすんでいるので、現金を使うことはほとんどなくなったが、小さな店や個人取引、小さな博物館、ウーバーのタクシーなどを利用する場合は現金が必要になる。

現金は、現地のATMから上述のデビットカードで引き出すのが最も得である。ただし、使えないATMや、ATMごとのキャッシング手数料が上乗せされるので、引き出すATMは、いくつかの銀行を比較する必要があります。現金は両替手数料が高いので、チップ程度で最低限の両替と予備のお金を持っていればいいです。クレジットカードやデビットカードが使えるとこはすべてカードで支払うのが得で、しかも手間がない。チップも請求書のチップ欄に書き加えて、または店員が金額を入力するときに、チップ分を上乗せした金額を告げるなどして、カードで払う方が小銭で困ることがなくていい。

タイトルとURLをコピーしました